ミディアム 【 霊媒 】としての人生の生き方


霊能者になるかならないかは、この地上に誕生する前に本人の自由意志で決めています

さらに「 シルバー・バーチ 」はこう言っています。

霊能者としての人生を選ばれた事には偶然も奇跡もありません。
すべては法則と秩序と意図のもとに行われており、すべてが計画されているのです。

地上での再生人生を選択する場合に【 霊的成長 】【 カルマの解消 】が最優先される事になります。

カルマの解消と霊的成長のために、霊能者だからこそ体験する、数多くの苦難と試練が待ち構えているのです。
その苦難と試練を、乗り越える事でしか味わう事が出来ない喜びと経験によって、霊的に強く成長するようになります。
その厳しい状況で、あえて「霊能者」になる事を希望するのです。

再生人生を霊能者として生きる事を選択すると、その人生に応じた自然界の法則(摂理)の働きによって自動的に開花するようになって行きます。

自然界の法則(摂理)の働きとは・・・

霊能者としての身体条件を持って生まれてきます。


霊能力は、天賦の才能【 ギフト( Gift )】とよく言われていますが、 この地上に再生する前に本人自身が選択した結果なのです。

霊能者としての人生を選択した場合には、その身体条件が与えられます。
それがよく言われる【 霊媒体質、霊能体質 】になります。

ミディアム(霊媒)になる身体的な傾向を持った人が「霊能体質」です。
「霊能体質」にはさまざまな違いがあります。

・ 霊視能力者
・ 霊聴能力者
・ 霊媒能力者
・ ヒーリング能力者
・ 他

この「霊能体質」という生まれ持った身体条件により、霊性開花のための正しい努力と経験によって、 ミディアム(霊媒)としての道があります。


記載内容の無断転載、複製、引用はお断りします。
Copyright © 2013 Spirituality.JP All Rights Reserved.