般若心経『現代語訳』



全知者である覚った人に礼したてまつる。
求道者(愚道者)にして聖なる観音は、深遠な智慧の完成を実践していたときに、存在するものには、五つの構成要素があると見きわめた。
しかも彼はこれらの構成要素が、その本性からいうと実体のないものであると見きわめたのだ。

シャーリプトラよ。
この世においては、物質的現象には実体がないのであり、実体がないからこそ、物質的現象でありゆるのである。
実体がないといっても、それは物質的現象を離れてはいない。
また、物質的現象は、実体がないことを離れて、物質的現象であるのではない。
このようにして、およそ物質的現象というものは、すべて実体がないことである。
およそ実体がないということは、物質的現象なのである。
これと同じように、感覚も、表象も、意志も、認識も、すべて実体がないのである。

シャーリプトラよ。
この世においては、すべての存在するものには実体がないという特性がある。
生じたということもなく、滅したということもなく、汚れたものでもなく
汚れを離れたものでもなく、減るということもなく、増すということもない。

それゆえに、シャーリプトラよ。
実体がないという立場においては、物質的現象もなく、感覚もなく、表象もなく、意志もなく、認識もない。
眼もなく、耳もなく、鼻もなく、舌もなく、身体もなく、心もなく、かたちもなく
声もなく、香りもなく、味もなく、触れられる対象もなく、心の対象もない。
眼の領域から意識の識別の領域にいたるまでことごとくないのである。

さとりもなければ、迷いもなく、さとりがなくなることもなければ、迷いがなくなることもない。
こうして遂に、老いも死もなく、老いと死がなくなることもないというに到るのである。
苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制してなくすことも、苦しみを制する道もない。
知ることもなく、得るところもない。
それ故に得るということがないから、諸の求道者(愚道者)の智慧の完成に安んじて、人は心を覆われることなく住している。
心を覆うものがないから、恐れがなく、顛倒した心を遠く離れて、永遠の平安に入っているのである。
過去・現在・未来の三世にいます目ざめた人々は、すべて智慧の完成に安んじて、この上ない正しい目ざめをさとり得られた。

それゆえに人は知るべきである。
智慧の完成の大いなる真言、大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言は、すべての苦しみを鎮めるものであり、偽りがないから真実であると。
その真言は、智慧の完成において次のように説かれた。

ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディスヴァーハー
往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ。

ここに、智慧の完成の心が終った。

シャーロキアンのよもやま話!

シャーロキアンのよもやま話。。。

名探偵の神風が吹く珠玉のよまいごと!

年忌・法要自動計算

(1)▼ 亡くなった人の元号(年号)選択


(2)▼ 亡くなった年を入力して下さい。


  • 【 明治 年表 】
    元年(9月8日)~明治 45(7月30日まで)
    西暦:1868~1912

  • 【 大正 年表 】
    元年(7月30日)~大正 15年(12月25日まで)
    西暦:1912~1926

  • 【 昭和 年表 】
    元年(12月25日)~昭和 64年(1月7日まで)
    西暦:1926~1989

  • 【 平成 年表 】
    元年(1月8日)~平成 31年(4月30日まで)
    西暦:1989~2019

  • 【 令和 年表 】
    元年(5月1日)~
    西暦:2019~


  • 【 法要・法事 】
    お経をあげてもらい亡くなられた方を供養します。

    亡くなられて四十九日(七週間)
    故人がこの世を彷徨い、四十九日後に行き先が決まるとされています。

  • 【 命日 】
    故人の亡くなられた日
    毎月または毎年のその日をいいます。

  • 【 一周忌 】
    故人が亡くなってから満一年後の忌日(命日)です。
    一周忌は、三回忌や四十九日と同じく大切な法要・法事です。

  • 【 祥月命日(正忌)】
    故人の亡くなられた月日と同じ月日の事です。

  • 【 年忌 】
    祥月命日、またはその日に営まれる法要・法事(仏事)の事です。

  • 【 弔い上げ 】
    法要を営む最終の年忌の事です。
    三十三回忌または五十回忌
    最終の年忌とする事が多いとされます。

男性の厄年早見表

※数え年で表示しています。
前厄
(まえやく)
本厄
(ほんやく)
後厄
(あとやく)
2歳 3歳 4歳
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳
(大厄)
43歳
60歳 61歳 62歳
女性の厄年早見表

※数え年で表示しています。
前厄
(まえやく)
本厄
(ほんやく)
後厄
(あとやく)
2歳 3歳 4歳
18歳 19歳 20歳
32歳 33歳
(大厄)
34歳
36歳 37歳
(小厄)
38歳
60歳 61歳 62歳

満年齢
(まんねんれい)

数え年
(かぞえどし)
生まれた日が『0歳』
生まれてから誕生日を迎えると『1歳』と数えます。
毎年誕生日を迎えると年を重ねます。
満年齢は生まれた年を『0歳(0年)』とします。
生まれた日が『1歳』
生まれた翌年の1月1日は『2歳』となります。
毎年1月1日の元日を迎えると年を重ねます。
数え年は『0歳』がなく生まれた日の『1歳』を起点とします。